ギロスの害悪工房

自称害悪厨がレート構築や単体考察記事を中心に書いていきます

控えめチョッキヒードラン【単体考察】

f:id:gilosy:20180915101727j:plain 

現環境におけるヒードラン

ステータス詳細:https://yakkun.com/sm/zukan/n485

独自の複合タイプ&特性受けにより炎や鋼にも強い鋼枠であり、有利不利がはっきりしているため主にサイクル中心の構築で採用されることが多いポケモンです。

残飯をもっている毒守型がメジャーですが、昨今のレート環境では混乱実型やスカーフ型などもしばしば見かけるようになりました。

今回は、レヒレ入りなどの状態異常を使いにくいサイクルパにも組み込みやすく、非常に受けにくいリザ・ガモス・テテフ等に対して隙を見せずに役割遂行速度を上げつつ、ミミッキュ等への対面性能も引き上げた控えめチョッキ型を紹介します。

 

技構成

ヒードラン@チョッキ
放射/オバヒ ラスカノ 大地の力 岩石封じ
 
技構成はこれでほぼ確定だと思います。炎技に関しては打ち分けしやすく命中安定でPPも多い火炎放射もしくは瞬間火力が出るオーバーヒートを推奨します。噴煙やマグマストームは追加効果が優秀であるためアリだと思いますが、大文字は中途半端な技であり採用する理由が薄いと思います。
岩石封じは対面ミミッキュの皮を剥がしつつSを下げて次のターン上からラスターカノンで突破できるため非常に優秀な技です。エッジにすると無振リザと無振ガモスを確1にできますが、ヤーティ以外では非推奨です。原始の力も下手したらガモスに勝てないので非推奨です。ニトチャにすると抜き性能が上がるものの技範囲が狭まるため役割放棄である気がしますが、ワンチャンあるかもしれません。
他には交換読みで撃てるめざ氷などもありますが、役割破壊技であるためここでは考察しません。技構成は基本的に上記テンプレで良いと思いますが、細かい調整は各構築に合わせてカスタマイズしましょう。

 

努力値調整案

以下に調整案を3種類記載しました。努力値の微調整は諸説。

調整案1~S厚め

控えめH244-B4-C92-D44-S124
実数値:197-99-127-178-132-113
 
:特化テテフ眼鏡PFショック 確3
特化ガルド聖剣+影打 確定耐え
特化メガクチ叩き+不意 低乱(6%)
特化メガッサム馬鹿力+バレパン 低乱(26%)
ラスカ→H4ミミキ確1
放射→H252メガクチ確1
大地→H252D4ドヒド高乱2(89%)
岩封+ラスカ→無振テテフ高乱
岩封+大地→無振リザX高乱
ステロ+大地→無振コケコ/アゴ確殺
特化アゴC↑4竜Z 耐え
C252アゴC↑2めざ地 確2
C252メガゲン影玉+気合玉 確定耐え
同じく2倍祟り目 低乱2(0.3%)
特化テテフ眼鏡PFサイキネ 低乱3(11.8%)
C252コケコEF10万+電気Z ほぼ耐え(1.6%)
:最速50族&準速60族+1
岩封後 最速102族抜き
 
耐久調整:H197とほぼぶっぱですが、B方面に関して実戦でリザYの地震をHP1残して耐えたことがあったり、クチートやヤットレイに後出しする機会も多かったのでこれで良かったです。削るにしても眼鏡テテフのショックやメガクチの乱数を考慮するとH189が最低ラインだと思います。D方面も低乱数が多いですが十分に見込める耐久があります。
火力調整:C178はH4ミミッキュを落とすための最低限火力ですが、アゴやコケコへの役割遂行を意識するともっと振りたい気もします。
S調整:臆病チョッキドランを使用している方が「初速が速いと使いやすい」と話していたため、できる限りSを引き上げて岩封後のリザやレボルトを抜けるようにしました。最速リザガモスに隙を見せず岩石封じ2回で倒したり、対面で最速レボルトを岩封+オバヒで飛ばすこともでき、相手のドランやレヒレなどを上から殴れることも多く便利でした。

 

調整案2~D厚め

控えめH244-B4-C92-D124-S44
実数値:197-99-127-178-142-103
 
BC:調整案1と同じ
C4メガゲン影玉 確5
C252メガルカ気合玉確2
特化テテフ眼鏡PFサイキネ確4
同じく気合玉 低乱2(6.2%)
C252レボルトC↑2気合玉 ほぼ耐え
C252ガモスC↑2めざ地面 確定耐え
C252ゲッコ ドロカノZ ほぼ耐え
:準速50族+1
岩封後 準速102族抜き
 
最低限の火力を確保しつつDに厚めに振った調整です。
テテフの気合玉もほぼ2回耐えるので安心安全。

 

調整案3~C厚め

控えめH180-B4-C220-D92-S12
実数値:189-99-127-195-138-99
 
特化テテフ眼鏡PFショック 確3(最大ダメ94*2=188)
特化ガルド聖剣+影打 ほぼ耐え(最大ダメ190)
:C252アゴC↑2めざ地面 確2
C252メガゲン2倍祟り目 確3
特化テテフ眼鏡PFサイキネ 低乱3(9.5%)
C252コケコEF10万+電気Z ほぼ耐え(0.8%)
オバヒ→H252D12ガルド 確1
ラスカ→無振テテフ/H252ミミッキュ 中低乱数
大地→無振コケコ 高乱1(81.3%)/D4アゴ 高乱1(75%)
岩封後 準速ミミッキュ抜き
 
最低限のB耐久と素早さを確保しつつ出来る限り火力に割いた調整です。火力振りのメリットは大地でコケコ/アゴを高乱数で飛ばせたり、相手の裏により負荷をかけやすかったりする点だと思います。D耐久調整のH189-D138はH197-D132とほぼ同程度です。いっそD削って特化にするのもいいでしょう。
採用する炎技はガルドをワンパンできるオバヒに分が上がると思います。C特化にするとH252メガクチが噴煙で落ちるようになります。

 

S調整候補

実数値(努力値)〜通常時S意識先(評価)/岩封後S意識先(評価)

99(12)〜微振り75族△/準速ミミキ◎
103(44)〜微振り80族&準速50族△/準速102族○
109(92)〜微振り85族○/最速ミミキ○
113(124)〜最速50族&準速60族◎/最速102族◎
119(172)〜微振りミミキ○/最速110族○

 

主な役割対象

【基本的に後出しから処理可能】

ガリザXY、ウルガアーゴヨン、テテフ、カグヤ、ナット、ガルド、メガクチ

【対面なら有利】

ミミッキュ、メガゲン、コケコ、ヒートム

 

終わりに

長文でしたが、ここまで閲覧ありがとうございました。

誤字や質問などがあれば気軽にTwitterまでご連絡ください。

 

ギロスGX(@GlsGX)さん | Twitter